MENU
対象装置(運管連携型)
対象装置(標準型)
対象装置(簡易型)
様式(PDF)
様式(Word/Excel)

ドライブレコーダー等導入促進助成制度 (k)


 事故や急加速・急減速等、一定の衝撃が生じた時に、その前後の映像や走行データを記録するシステムの普及を図るため、全ト協で定める基準に適合した機器を導入する場合、その費用の一部を助成します。
 ★なお、装置の導入効果等についてのアンケート調査及びヒヤリハット映像等の提供に
  ご協力いただく場合がありますので予めご了承下さい。


1.対象機器および助成額
 助成率は機器購入価額の
2/3(千円未満切捨て)とし、1台当たりの助成上限額は次の通りといたします。(全ト協助成額補助分含む)
  
※取付費用、管理費用及び消費税については購入価額には含めない。

区分
助成上限額/台
 運行管理連携型
40,000円
 標準型
10,000円
 簡易型
10,000円
※対象機器については左記対象装置一覧にてご確認ください

2.助成枠 
 EMS機器助成と併せて40台分を上限とします。
 ※所有台数が40台に満たない場合には年度当初作成の会員名簿記載の車両台数と同数を上限とします。
 ※
国、他団体等から補助金が交付された機器にについては、本会助成事業の対象とはいたしません。

3.提出書類
・助成金交付申請書(様式1)
・内訳書兼装着証明書(様式2)
・当該機器を装着した車輌の車検証(写)
・請求書(写)
  ※対象機器のメーカー名・型式・購入価格が明記されているもの
・領収証(写)
  ※リース導入の場合はリース契約書(写)
  ※割賦による購入の場合は「割賦販売契約書」
・誓約書(様式3)
 

4.申請期間  
 
4月1日〜2月20日(必着)

■注意事項 財産処分の制限
 対象となった装置が3年を経過するまでの期間は、譲渡、交換、廃棄、多用途への転用、貸付等を行わないこと。


Copyright(C) 2008 Iwate Trucking Association All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch